癌の転移を治療するために〜癌治療を行なう前に知っておきたいこと〜

医者

乳がんの種類と治療方法  

女性

乳がんは女性に発症するリスクの高い病気です。乳がんには、転移する可能性があるため早期発見が重要です。早期発見することで、スムーズに治療を進めていくことが出来ます。

Read More...

死因1位のがん

病棟

がんによる死因1位の肺がんの症状には、持続性の咳や喀痰に血が混じることなどがあります。肺がんの診断にはX線検査・CT・MRIや喀痰検査などがあり、治療では手術・放射線・化学療法が単独または組み合わせて用いられます。

Read More...

ガンの原因と予防

女性

がんは現代人において多い病気です。胃がんになる人も多いです。その原因は、食事やアルコールの過剰摂取や喫煙、ストレス、ヘリコバクターピロリ菌によるものです。その対策として、食生活を見直したり、ピロリ菌検査を受けることは有効です。

Read More...

癌の種類や治療方法を知る

看護師

癌には死亡率の高い肺がんや、女性に多く発祥する乳がんの他にも、胃がんや、すい臓がん、大腸がんなど様々な種類があります。癌にはそれぞれ、良性のタイプと悪性のタイプがあります。癌を早期に発見することが出来た場合は、その殆どが良性です。良性の癌は身体の各位に転移していない状態なため、治療や手術を行なうことで、完治する可能性が高いです。一方で、悪性のタイプの癌は、発生した場所から浸潤して、血液やリンパ液に入り込み、全身の臓器や細胞に運ばれてしまいます。悪性の癌は運ばれた先で癌細胞を転移させる可能性があるのです。

癌の転移は、癌治療を行なう上でとても厄介です。良性の癌や初期段階で発見された癌の場合は、発生した箇所を取り除く手術を行なうことで完治させることが出来ます。ですが、一度、身体のいたるところに転移してしまった癌細胞は全て取り除くことが非常に難しくなってしまいのです。転移しやすい癌の特徴としては、血管やリンパ節が集中している付近の臓器に発生するということです。乳がんや子宮がん、胃がん、肺がんは転移しやすい癌の代表例です。転移してしまった癌の治療方法としては、抗癌剤や放射線治療などがあります。これらの治療を行なうことで、がん細胞を次第に縮小させていき、症状を抑えることが出来ます。ですが、これらの治療は効果がある分、副作用も大きく出る可能性があります。これらの治療の他にも代替医療として、健康補助食品や漢方を利用して治療が行なわれることもあります。医師と相談して最適な治療方法の検討を行ないましょう。

Associated Link

  • 心斎橋スリーアロークリニック

    大阪で免疫療法を提供してくれるクリニックがあります。がん治療を希望しているならコチラにご注目ください。
  • 医療法人輝鳳会がんのクリニック

    食道がんの治療費用などを調べておくことができきるようになっています。気になる人はサイトを確かめてみましょう。