癌の転移を治療するために~癌治療を行なう前に知っておきたいこと~

医者

乳がんの種類と治療方法  

女性

多くのがん症状の1つに乳がんがあります。乳がんは女性に発症する確率が高い病気です。乳がんは、40代から50代の女性に多く発祥するがんで、死亡する確率もある危険な病気なのです。乳がんはその進行度合いによって、種類を分けることが出来ます。乳がん細胞が転移していない状態を非浸潤性乳がんといいます。この状態の乳がんは、比較的早期発見された状態です。そのため、身体の各位への転移の可能性は低く、手術や治療を行なうことで、改善していくことが出来ます。そして、もう1つは浸潤性乳がんといって、血管やリンパ液にがん細胞が移動し、全身の臓器や細胞に転移してしまう可能性のある状態です。浸潤性乳がんは、多くの場合、肺や骨へと転移する可能性があります。

国内の乳がん検査では、マンモグラフィー検査と、超音波検査をメインに行ないます。これらの検査で乳がんを早期に見つけることが出来れば、治療を行なうことが出来ます。乳がんの治療方法には、手術療法の他にも、ホルモン療法やハーセプチン療法、化学療法、放射線治療などがあります。乳がんの悪性度の高さによって、複数の治療法を組み合わせて治療を進めていくこともあります。乳がんの治療を行なう際は、担当する医師としっかりと相談し、治療方法を選択していくことが出来ます。自分や家族の要望をくみ取った上で、最善の治療を選択することで納得のいく乳がん治療を進めていきましょう。治療を無事終えて、普段の日常生活を取り戻しましょう。