癌の転移を治療するために~癌治療を行なう前に知っておきたいこと~

医者

死因1位のがん

病棟

特徴と症状

男女合わせたがんの死因第1位は肺がんです。組織の種類には、喫煙者に多い扁平上皮がんや最近増えている腺がんなどがあります。他の臓器からの転移がんが肺で見つかることもあります。肺から発生するがんの最も大きな危険因子はタバコで、受動喫煙もリスクを高めます。公害による空気汚染・慢性閉塞性肺疾患や肺線維症・アスベストや遺伝的な感受性も危険因子です。肺がんの初期には症状がないこともあります。がんがある程度広がると、持続性の咳・息切れ・喘鳴・胸の痛み・喀痰中の血液・くりかえす気管支炎や肺炎が、さらに進行すると肩の痛み・腕のしびれ・しわがれ声や嚥下障害などがおこることもあります。また一般症状として体重減少・脱力感や疲労感もおこります。

診断と治療

肺がんの診断は、X線検査・低線量ヘリカルコンピューター断層撮影(CT)・核磁気共鳴画像法(MRI)や陽電子放射断層撮影(PET)が用いられます。喀痰や胸腔にたまる胸水の細胞診・上皮成長因子受容体の異常を調べる検査や、中心部のがん・末梢部のがんに対してそれぞれ気管支鏡や皮膚からの針を用いた生検もおこなわれます。肺がんの治療には手術・放射線・化学療法が単独または組み合わせて用いられます。手術では小さながん・肺の一部と近くのリンパ節を切除します。気管内あるいは外部から放射線を照射する治療法は、進行したがんによる症状を和らげるためにも使われます。シスプラチンを基本にする化学療法や上皮増殖因子受容体を持つがんに対するモノクローナル抗体ゲフィチニブも用いられます。