癌の転移を治療するために〜癌治療を行なう前に知っておきたいこと〜

医者

ガンの原因と予防

女性

胃のがんの原因は

がんは現代人が多くかかる病気です。その要因は様々ですが、日々の習慣によってできるものもあれば、その原因が明確にわからないものもあります。胃がんはその中でも死因となりやすい病気です。その原因は4つあります。まず、アルコールや過度な塩分や油分をとる食事です。食生活の乱れも胃がんの原因となります。次に喫煙です。これは肺がんの原因にもなりますが、たばこに含まれる有害な物質が胃の粘膜に悪影響を及ぼします。次にストレスです。過度なストレスがかかることによって胃潰瘍などになり、それが原因でがんに発達する可能性があります。最後にピロリ菌です。正式名称はヘリコバクターピロリ菌というもので、昔水がまだ綺麗でなかった頃に感染している人が多くいます。

その症状と対策は

胃がんになった人には様々な症状がでます。しかし、初期段階ではほとんど症状がでないことも多く、それゆえ胃がんになっていることに気づかない人もいます。早い段階で腹痛を伴う人もいますが、ほとんどの場合が何も自覚症状がなく、胃がんが進行してから食欲不振や体重減少、吐き気や貧血などの症状が起こってきます。そのため、自覚症状がないまま胃がんが進行してしまったケースも多いので、年に一回必ず健康診断を受ける方が良いと言えるでしょう。胃がんにならないための対策としては、いくつかあります。まず、食生活や普段の生活の見直しです。生活習慣病と言われるように乱れた食生活や暴飲暴食によって引き起こされる病気は多いです。また、胃がんの場合はピロリ菌を退治してしまうことで発症を抑えられるので、早めに診断しておくことも有効です。